受付時間

野球肘

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 投球動作で痛みがある
  • 投球フォームが悪い
  • 肘周囲の骨を押すと痛い
  • 肘周囲の筋肉が痛い
  • 左右の肘を曲げた時に投球側の肘が曲がらない
  • 左右の肘を曲げた時に投球側の肘が伸ばせない
  • 肘関節の動きに制限がある

野球肘の症状|UOスポーツ接骨院・整体院

野球肘は繰返される投球動作や送球動作に多く見られます。

大きく3つの痛みが出る箇所があります。

・内側型

肘の内側周囲にある筋肉・腱・靭帯・骨など肘周囲の腫れ、押した際の痛み、肘関節の運動制限がみられます。投球動作のアーリーコッキング期~アクセラレーション期で肩関節が最大限に外旋する際に肘関節の外反ストレスが増大します。内側上顆や内側側副靭帯にストレスが増大する事で肘内側に痛みが生じてきます。内側上顆剥離骨折、骨端線離解、内側側副靭帯損傷、尺骨神経障害などがあります。

・外側型

肘の外側周囲にある筋肉・靭帯・骨などの腫れ、押した際の痛み、肘関節の運動制限がみられます。症状が悪化すると離断性骨軟骨炎など軟骨や骨が壊死し、軟骨及び軟骨下骨が剥がれる(遊離体・関節ネズミ)こともあります。離断性骨軟骨炎が上腕骨小頭部に起こるものを上腕骨小頭離断性骨軟骨炎と呼びます。 野球選手をはじめその他のスポーツを行う選手にも起こります。

・後方型

投球動作でボールを離した直後のリリースから腕を振り下ろすときのフォロー・スルーの際に肘の後方に痛みを生じます。投球動作でボールをリリースした直後から肘には強く反る力と遠心力が加わることで肘が強く伸ばされ肘頭と肘頭窩とが衝突し関節に炎症を起こす場合があります。また衝突を繰り返すうちに骨の成長部分でもある骨端線付近に疲労骨折を起こしたり骨端線自体が正常な位置と比べて離れてしまうことがあります。

また上腕三頭筋という肘に着く筋肉の牽引力によっても起こる場合もあります。

野球肘の原因と改善方法|UOスポーツ接骨院・整体院

野球肘は小学生から中学生に多く見られ、原因としては繰返される投球や送球による筋肉・腱・靭帯・骨への機械的ストレス・オーバーユース(使いすぎ)、また特に投球フォームや送球フォームが原因のことが多くみられます。

症状として初めは投球時の違和感が出現し、期間の経過や運動量の増加とともに痛みが増大してきます。

違和感を覚えた時にすぐに投球動作を中止し、所沢市の「UOスポーツ接骨院・整体院」へご相談下さい。

野球肘は肘だけ治れば良いというわけではなく、カラダ全身のバランスや身体の使い方を正す必要があります。

肘の痛みが良くなり悪いフォームのまま復帰しても再び炎症が出現してしまうことが多くありますので、正しい投球動作・投球フォームを覚えることが早期復帰には必須となってきます。またノースロー期間が長くなるほど復帰に焦り投球開始してしまうと再発を繰り返すことになりますので注意が必要です。正しいトレーニングを行い、投球に関わるカラダ全身の運動連鎖を覚え、復帰に向けた適切な投球数での早期回復が望ましいです。

当院の施術|UOスポーツ接骨院・整体院

野球肘の痛み、競技パフォーマンスが思うようにが出なくなったら、所沢市の「UOスポーツ接骨院・整体院」へご相談下さい。

当院では下記施術で早期改善を目指します。

〇骨格・骨盤矯正(トムソンテクニック)

うつ伏せの状態で左右の脚長差を確認しながら矯正部位を評価し矯正していきます。ニュートン力学に基づき「慣性の法則」を利用した骨格矯正専用のベッドテーブルを使用することによりボキボキさせずに骨格矯正を行うことができます。初めてカイロプラクティックを受ける方にもお勧めです。

 〇筋膜リリース(グラストンテクニック)

グラストンテクニックはアメリカでアスリートにより開発された専用のインストゥルメント器具を用いて筋膜を擦り瘢痕化した組織を解きほぐし癒着した筋膜の可動制限を解放する施術法です。筋膜リリースの先駆者として全米の理学療法士PT・アスレティックトレーナーATC・カイロプラクターDCなどに利用されアスリートから高齢者まで臨床効果実績をあげています。

○深層筋調整

筋肉の硬さが原因で症状が出ている場合、硬くなった筋肉を緩める必要があります。

深層筋調整は、ただ痛いところ・ツライところを『モミほぐす』のではなく、解剖学的知識を源に全身の筋肉バランスを考え、深層にある筋肉を調整することで痛みやつらさの原因にアプローチしていく施術です。

○ハイボルテージ治療

高周波と高電圧の2つの特徴的な電気を身体に流すことにより、通常の低周波電気治療器と比べ、深部にまで効果的な電流刺激を行うことができ痛みを和らげる効果に期待ができます。又、電気による痛みを抑え表層筋と深層筋を効果的に収縮させます。EMSモードでは、筋収縮作用に優れているので、運動療法にも効果的です。

○ラジオ波治療

ラジオ波は、オリンピック選手やプロスポーツ選手界でも導入されている最新治療機器です。

ラジオ波治療をすると、コリのある筋肉内の筋紡錘に直に温熱刺激が与えられて、筋緊張が短時間で驚くほどに緩和、筋肉のほぐれが実感できます。 またラジオ波の温熱(ジュール熱)は、筋肉の緊張の源になる筋膜内の固まった糖タンパクを溶かす作用があり、これにより筋緊張がしっかり解消されます。

〇圧力波治療(ショックマスター/体外衝撃波)

トッププロのコンディションを支えるショックマスターです。

・疼痛コントロール

皮膚への触圧覚刺激及び関節構成体への機械的刺激により、ゲートコントロール理論が作用し、痛覚神経線維のインパルスが抑制され痛みが軽減されます。

また痛みの軽減により反射性筋収縮の改善にも役立ちます。

・血液循環改善

圧力波と振動を同時出力させることにより疼痛緩和に加えて血液循環の改善にも優れ微小循環改善にも役立ちます。

・筋緊張緩和

圧力波による触圧覚受容器への刺激によってα運動ニューロンに対して抑制的に作用し、筋緊張を低下させ関節可動域運動がしやすくなります。

・疼痛緩和、筋疲労回復

圧力波療法の有効性は、長期の慢性的な筋や腱の機能改善において近年の事例とスポーツトレーナーによって様々なスポーツ障害の改善に結果を表しています。

・パフォーマンスアップ

トレーニングによる腱にかかる負担を軽減させ、疼痛緩和・筋疲労の回復に加えて、リラクゼーション効果によって選手のパフォーマンスアップに大きく貢献しています。

・早期回復

受傷後のトレーニングで従来必要とされた休養期間を短縮し、選手の素早い現場復帰やケガの早期回復に役立っています。

○筋力トレーニング(パーソナルトレーニング)

当院では、施術スペースと別に個室トレーニングルームを完備しており、それぞれの患者様に適した運動指導も行えます。症状改善のために運動を取り入れることについて、疑問に感じる方もいるかもしれません。しかし、痛みやしびれなどの症状が落ち着いた段階からスタートすれば、運動や筋トレは、体力や筋力の低下による症状悪化の予防につながるので、効果的といえます。

所沢市で野球肘にお悩みの方は、新所沢駅すぐの「UOスポーツ接骨院・整体院」へご相談下さい。

施術の流れ

  1. 1.受付・問診表を記入

    受付にて問診表を受け取っていただき、ご記入をお願いいたします。

  2. 2.問診

    問診表をもとに、症状やお悩みを詳しくお伺いします。些細なことでもご相談ください。

  3. 3.検査・鑑別・施術提案

    現在のお身体の状態を検査し、不調の原因部分をしっかり見極めます。

  4. 4.施術

    お悩みの症状にお一人お一人に合った施術を行います。

  5. 5.検査・今後の施術方針

    現在のお身体状態や痛みの原因など、今後の施術方針についてご説明します。

  6. 6.お大事に!

    本日の施術は終了です。お大事に!

UOスポーツ接骨院・整体院へのお問い合わせ

  • UOスポーツ接骨院・整体院
  • ライン予約
住所
〒359-0044 埼玉県所沢市松葉町11-4 プルミエール新所沢1F
川越市:ゆうおう接骨院
LINE